今と昔の風俗での遊び方を比較し把握することで今のぽっちゃりの風俗の楽しみ方がもしかしたら変わるのかもしれない。

今のぽっちゃりの風俗のルーツ!?江戸時代の性風俗事情について少々

江戸時代のぽっちゃりの風俗店は公娼と非公認、そして直請けの3つがありました。どれも今のヘルスのようなサービスではなく、本番行為によって目的を果たす風俗です。いわゆる売春ですが、売春防止法は売春そのものを取り締まる目的があったわけではなく、このような風俗店で働く女性に過酷な労働を強いたり、人身売買を防止するという目的があったのです。

そのようにして今のぽっちゃりの風俗店の在り方に移行していきました。サービス内容が性行為の類似行為に留まる様になったのも、この法律があるからこそです。ですからこの法律が施行される前は、サービス内容は「本番行為」でありました。性病の予防に関しては「清潔に心がける」と神頼み的な方法しか無かったようです。

とある草の根を乾燥させたあとで煎じて飲むという治療法もあったようです。梅毒などの決定的な性病が日本に入ってきたのも1500年代の前半です。治れば御の字ですし、ひどくなれば所払いになってお遍路して生きながらえ、果ては行き倒れて終わるというモノのようです。

性病に関しては治療法が確立するまでは、世界もそのような扱いでした。しかしそれよりも当時のぽっちゃりの風俗嬢が確率が高い心配事は、妊娠です。避妊は吉野紙を湿らせて、膣奥に入れて、精子が侵入するのを食い止めるといった格好の避妊でした。

仕組みとしてはペッサリーと同じようなものです。その後洗浄するという避妊でしたが、失敗して妊娠するということもありました。妊娠すると高級花魁であれば生むことも時には許されました。遺伝に期待していたのでしょう。きれいな花魁の子なら、きっと同じくきれいで稼ぎ頭になるだろうという期待ですよね。

引証⇒風俗 ぽっちゃり http://o-oku.tokyo/

生むことが許されないクラスの女郎であれば、水銀をつかった堕胎方法や柳の枝を使って殺して掻き出すといった大変危険な方法で堕胎を行ないました。その後健康被害に見舞われるのは当然のことで、当時の風俗嬢は年季が明けても、女性としての幸せを得ることが出来た人は一握りだったでしょう。

男性の数が女性よりも圧倒的に多かった江戸では、女郎だったから馬鹿にされる、結婚出来ないなんてことはありませんでした。しかし「子どもが産めない体になっていた」ということは、職業上の悲劇としてありえたでしょう。コンドームも江戸時代に日本に伝えられたということですが、大変高級品であったはずです。

高級花魁はわかりませんが、普通の女郎で使えるようなシロモノではなかったと考えるのが順当でしょう。ゴム製ではなく、魚の浮き袋や動物の内臓(特に腸)などを利用したコンドームは世界各国で使われていました。日本に伝わったのは魚の浮き袋を使ったものではないかとされています。

最新投稿

  • いろんな業種でもぽっちゃり風俗嬢専門というジャンルが出てきているのは本当に嬉しい

    風俗では、店舗型風俗か出張系風俗(デリバリーヘルス)かで選択することができます。現代の風俗業界では、人気が高いのは出張系風俗なのですが、出張系風俗になりますと女の子の容姿を事前に確認することができないという。しかし反対に …

    続きを読む...

  • ラブラブな雰囲気を体験しやすいと言われているのがぽっちゃりの風俗

    待ち合わせが可能なデリヘルで、恋人気分を味わいながら性的な欲求や欲望を満たしている方は、とても充実した時間を味わっていますよね?ラブラブな雰囲気で楽しませてくれる風俗嬢は、「男性が優しくしてくれるから楽しくお仕事ができる …

    続きを読む...

  • モテない男性でも「擬似恋愛」を楽しめるのがぽっちゃりの風俗ですよ

    風俗で提供されている「擬似恋愛」を本気にしてしまう男性も結構多いと思います。恋愛に不慣れな男性などは、接客として提供している恋愛を本気にしてしまい、風俗嬢と本気の恋愛をしていると勘違いし、ストーカーされてしまうというよう …

    続きを読む...

  • ぽっちゃりの風俗嬢から本気のサービスを引き出せるかどうかも重要

    風俗初心者がしてしまいがちなのが…提供されているサービスがすべてなのだと納得してしまうことです。このことにより本当はもっと良いサービスが受けられるはずなのに…結局はその風俗嬢の怠慢でしかなく…本来受けるべきであったサービ …

    続きを読む...