今の五反田の風俗のルーツ!?江戸時代の性風俗事情について少々

江戸時代の五反田の風俗店は公娼と非公認、そして直請けの3つがありました。どれも今のヘルスのようなサービスではなく、本番行為によって目的を果たす風俗です。いわゆる売春ですが、売春防止法は売春そのものを取り締まる目的があったわけではなく、このような風俗店で働く女性に過酷な労働を強いたり、人身売買を防止するという目的があったのです。

そのようにして今の五反田の風俗店の在り方に移行していきました。サービス内容が性行為の類似行為に留まる様になったのも、この法律があるからこそです。ですからこの法律が施行される前は、サービス内容は「本番行為」でありました。性病の予防に関しては「清潔に心がける」と神頼み的な方法しか無かったようです。とある草の根を乾燥させたあとで煎じて飲むという治療法もあったようです。

梅毒などの決定的な性病が日本に入ってきたのも1500年代の前半です。治れば御の字ですし、ひどくなれば所払いになってお遍路して生きながらえ、果ては行き倒れて終わるというモノのようです。性病に関しては治療法が確立するまでは、世界もそのような扱いでした。しかしそれよりも当時の五反田の風俗嬢が確率が高い心配事は、妊娠です。

避妊は吉野紙を湿らせて、膣奥に入れて、精子が侵入するのを食い止めるといった格好の避妊でした。仕組みとしてはペッサリーと同じようなものです。その後洗浄するという避妊でしたが、失敗して妊娠するということもありました。妊娠すると高級花魁であれば生むことも時には許されました。

遺伝に期待していたのでしょう。きれいな花魁の子なら、きっと同じくきれいで稼ぎ頭になるだろうという期待ですよね。生むことが許されないクラスの女郎であれば、水銀をつかった堕胎方法や柳の枝を使って殺して掻き出すといった大変危険な方法で堕胎を行ないました。

その後健康被害に見舞われるのは当然のことで、当時の風俗嬢は年季が明けても、女性としての幸せを得ることが出来た人は一握りだったでしょう。男性の数が女性よりも圧倒的に多かった江戸では、女郎だったから馬鹿にされる、結婚出来ないなんてことはありませんでした。

しかし「子どもが産めない体になっていた」ということは、職業上の悲劇としてありえたでしょう。コンドームも江戸時代に日本に伝えられたということですが、大変高級品であったはずです。高級花魁はわかりませんが、普通の女郎で使えるようなシロモノではなかったと考えるのが順当でしょう。

ゴム製ではなく、魚の浮き袋や動物の内臓(特に腸)などを利用したコンドームは世界各国で使われていました。日本に伝わったのは魚の浮き袋を使ったものではないかとされています。

こういった歴史がありつつ、今の東京都品川区五反田の風俗店マリンサプライズではハイクオリティのコンドームを用いてサービスをしてくれますので、安心して品川区にある五反田の風俗で遊ぶことができますよ。

人気の五反田風俗店について
■五反田ピンサロ風俗!東京で人気のコスプレ風俗店|マリンサプライズ
■URL:http://m-surprise.com/

Copyright© 2015年10月9日 五反田の風俗のルーツを知って今の時代の楽しみ方も知る
http://www.dhsthepromise.com All Rights Reserved.